​理事長所信

一般社団法人 新宮青年会議所

第52代理事長 梅村 英義

~温故知新~
 1964年4月に設立した一般社団法人新宮青年会議所の歴史、伝統を学び調べなおし取り込むことによって、新たな一般社団法人新宮青年会議所へと変化していくことが重要である。

【はじめに】
 新型コロナウイルスを起因とするパンデミックは大きな社会変動を起こし、私たちの暮らすこの熊野地方にも大きな影響を与えています。
 当青年会議所もまた、その運動に大きな影響を受け、これからの運動に対する難しい選択を突きつけられています。しかしながら私たちは決して歩みを止めるわけにはいきません。今後、アフターコロナという新たな時代が必ず訪れます。新型コロナウイルスによって引き起こされた環境・社会・経済における変化は事態の終息とともに決してリセットされることはなく、更に加速されます。そして、その変化は地域にとって可能性に満ちたものです。私たちはその未来が明るい豊かな社会であるために、新たな時代の潮流を捉え、社会に前向きな変化を起こすべく行動し続けてまいります。

 

【変化していくまちづくり】
 昨年から新型コロナウイルスの影響による不要不急の外出やイベント等の自粛要請により、当青年会議所もまた、事務局の閉鎖、例会及び事業の中止など、今までに経験をした事がない現状が続いています。
私はこんな今だからこそ、多くの先輩方があらゆる苦難を乗り越えこれまで積み上げられた歴史、伝統を学ぶことで新たな知識を見出し変化していくことで、時代にあった新しい青年会議所運動を確立し、新たな運動を進めてまいります。

 

【熱い想いを一つに会員拡大】
 当青年会議所は創立以来52年間、「明るい豊かな社会」の実現を目指し、まちづくり運動を行ってまいりました。しかし卒業制度により会員の入れ替わりを繰り返す、私たちにとって会員拡大は必要不可欠です。しかし、近年会員拡大に苦戦しているのが現状です。必ず会員拡大が成功する手法は存在しません。そのような中でも、会員拡大が成功している青年会議所が存在し、そこには共通点があります。それは、会員拡大に対する熱い想いと行動力を持っていることです。会員一人ひとりが熱い想いを一つにし、地域に青年会議所運動を伝え、理解し、共感してもらうことが必要となってきます。
 新しい力を取り込み巻き込んでいくためにも会員一丸となり行動し、会員拡大に取り組んでまいります。

 

【魅力ある青年の育成】
 青年会議所運動に共感を得てもらうためには、社会的に信頼される存在となることが必要だと考えます。まずは会員一人ひとりが、青年経済人としての意識や行動、その立ち振る舞いによって、青年会議所がどのように見られているのかを再認識してまいります。そして、先輩方が綿々と紡いできた歴史や伝統を学び、青年会議所会員としての誇りを抱くことで、JAYCEEとして成長を遂げられると私は考えます。
 本年は、会員のさらなる資質向上を図るためにも、各事業や様々な活動のなかで絶え間ない挑戦を繰り返してまいります。仲間と共に苦難を乗り越え、そこから得た経験から多くを学び、自信と誇りを持った力強い人材を輩出できる組織を目指してまいります。

 

【独自の青少年育成】
 子供はいつの時代も地域の宝であり希望です。人口の流出や少子高齢化といった地域社会が抱える問題を鑑みたとき、その解決策の多くは次代を担う地域の子供たちが握っています。
1980年以降に生まれた私たちの世代以降は、「デジタルネイティブ」と呼ばれ、インターネットやパソコンが子供の頃からごく自然に身の回りにあり、また近年はSNSやモバイル環境の発達によって地域社会の関係性が薄れてきていると感じます。
 私たちは青年会議所運動を通し地域の子供は地域で育てることを真剣に考え、学校教育や家庭教育とも違う独自の体験を通し大人の背中を見せ、率先して子供たちが明るく元気に育つ機会を創出していきます。

 

【タイムリーな情報発信】
 現在、当青年会議所は、私たちの運動を広く周知するべく、メディアやホームページ及びSNS等の電子媒体を利用し情報を発信しております。
 今後、より効果的なものとなるよう発信力を強化するため、受け取り手が理解し、共感を得られるような工夫をしていきます。
 スピーディかつタイムリーな発信方法を活用し、注力する事で、更により良い情報発信を行い、地域の皆さまにとって、当青年会議所をより身近に感じて頂き、ご協力を賜るための努力を行ってまいります。

 

【結びに】
 コロナ禍の現在、青年会議所運動は変化を必要としています。
 事業自粛、会員減少など、多種多様な問題があるなか、当青年会議所はこれまで52年の歴史があり、今までも多くの壁に当たる機会はあったと思われます。その機会を先輩方がどう乗り越え運動を行ってきたかを学ぶことで、今後もソーシャルイノベーションを生み出す先導組織として、規定概念に捉われない新しい発想と青年らしいアクティブな行動力を忘れることなく、自らの可能性を信じ果敢に変化し続けてまいります

​スローガン

S__67149830.jpg

基本方針

・変化していくまちづくり

・熱い想いを一つに会員拡大

・魅力ある青年の育成

・独自の青少年育成

・タイムリーな情報発信

基本方針

1・まちづくり事業の開催
1・青少年育成事業の開催
1・全員で取り組む会員拡大
1・会員開発セミナーの開催
1・会員交流事業の開催
1・組織力の強化
1・例会事業の開催
1・地域への情報発信
1・他団体への協力
1・その他派生する事項